ISO活動を円滑に進めるための品質管理責任者が果たすべき役割についてISO9001を中心に解説

ISO活動を円滑に進めるための品質管理責任者が果たすべき役割についてISO9001を中心に解説 ISO9001

ISO9001を取得する企業では、品質マネジメントシステム(QMS)を管理する責任者として品質管理責任者(QMR)を任命することが大切ですが、品質管理責任者とは具体的にどのような役割を担う人なのでしょうか?

品質管理責任者には、トップマネジメントに代わって品質マネジメントシステムの実務的な運用を統括して管理することが求められます。しかし、いざ具体的に行動するとなると何から手をつけたらよいかわからず、困惑した状態に陥ります。

そのような事態を避けるためには、品質管理責任者が担う役割を知り、その役割を果たすための具体的な行動を整理しておくことが大切です。

この記事では以下の項目について解説していますので、「品質管理責任者に任命されたけど、どのような活動をしていけばいいんだろう?」と悩んでいる方はぜひこの記事をご覧ください。

  • ISO活動での品質管理責任者とはどのような役割を担う存在か
  • 品質管理責任者に求められる役割とはどのようなものか
  • 品質管理責任者が実施すべき具体的活動の紹介

ISO活動での品質管理責任者とは?

そもそも、ISO活動での品質管理責任者とはどのような業務を担う責任者なのでしょうか。

以前のISO9001では品質管理責任者を任命する明確な要求がありましたが、ISO9001:2015ではその要求はなくなりました。しかし要求項番5.3項で、トップマネジメントは品質マネジメントシステム(QMS)を構築し、維持し、改善する役割を担う人に責任と権限を割り当てることを定義しており、この役割を担う人が品質管理責任者になります。ISO9001認証審査では、QMS全般の質問に対して、トップマネジメントにかわり品質管理責任者が対応するのが一般的です。

それでは、品質管理責任者が品質マネジメントシステムを管理していくために担う役割はどのようなものでしょうか。

これから、品質管理責任者に求められる具体的な役割をみていきます。

品質管理責任者に求められる5つの役割とは?

品質管理責任者に求められる5つの役割とは?

ISO9001では、品質マネジメントシステムに関する5つの事項の役割を担う人に対し統括的な責任と権限を割り当てることをトップマネジメントに求めています。その5つの事項に対し、中心的役割を担う人が品質管理責任者です。

それでは、品質管理責任者が担う5つの事項について、具体的にみてみましょう。

ISO9001規格要求事項の適合性

ISO9001を取得している会社は、ISO9001規格要求事項に適合する品質マネジメントシステムを構築しています。

品質管理責任者は、品質マネジメントシステムを維持管理するなかで、適合状態から逸脱することのないよう、監視する役割を担っています。

プロセス活動の有効性

要求項番4.4.1では、プロセスアプローチを採用し必要なプロセス及びそれらの相互作用を含む品質マネジメントシステムを確立し、実施し、維持し、継続的に改善することを求めています。

品質マネジメントシステムを継続的に改善していくことで高い顧客満足を獲得できることから、プロセス活動を有効に機能させ品質マネジメントシステムの改善を継続させることが品質管理責任者の役割となります。

品質マネジメントシステム変更時の対応

品質マネジメントシステムへの変更を計画し実施する際に、品質管理責任者は変更したあとに品質マネジメントシステムがISO9001規格要求事項から逸脱しないように監視する役割を担っています。

顧客重視の促進

品質管理責任者は、組織全体にわたって顧客重視を促進することを確実にする役割を担っています。この役割のなかには、組織全体に顧客要求事項に対する認識を高めることも含んでいます。

トップマネジメントへの報告

品質管理責任者には、トップマネジメントから品質マネジメントシステム管理の責任と権限を委譲されているかわりに、実施した結果をトップマネジメントへ報告する義務があります。

品質マネジメントシステムのパフォーマンスの状況及び改善の機会について、トップマネジメントへ報告する役割を担っています。

品質管理責任者の具体的活動とは?

メモ

品質管理責任者の主な役割を前段で解説しました。

次に、品質管理責任者が実施すべき具体的活動を紹介していきます。品質管理責任者に任命された方や興味ある方は、活動内容をしっかりと理解してください。

ISO9001規格要求事項への適合性維持管理

品質管理責任者は、会社の品質マネジメントシステムが規格要求事項に適合している状態に保たれるよう、つねに監視しておかなければなりません。とはいえ、一日中会社内を見て回り、不適合状態を見つけ指摘しつづけていくわけにはいきません。そのために、内部監査という仕組みがあります。

内部監査は、品質管理責任者がオーナーとなり実施される品質マネジメントシステムチェック機能です。品質管理責任者は、品質マネジメントシステムの活動のなかで弱いと感じるポイントをしっかりと把握しておき、その部分を中心に内部監査を実施する方針を出すとよいでしょう。内部監査で不適合状態が検出されたら是正を行い適合状態に戻し、組織全体に水平展開することで質の高い品質マネジメントシステムを維持することができます。

普段から品質マネジメントシステム実施状況に目を光らせておくことも大切ですが、内部監査という仕組みを利用しながら、品質マネジメントシステムをチェックできる体制を整えるとよいでしょう。

プロセスアプローチ活動の有効性確認

ISO9001規格はプロセスアプローチが中心の概念になっています。プロセスアプローチは、会社の品質方針及び戦略的な方向性に従い意図した結果を達成するのに役にたち、会社全体のパフォーマンスを向上させることができます。

つまりプロセスアプローチ活動が有効に機能すれば、品質マネジメントシステムの継続的改善を期待することができます。

ISO9001を取得していればプロセス範囲を決定しプロセスアプローチ活動が展開されているはずですので、プロセス間の業務がしっかりと繋がっていて、有効に機能していることを定期的にチェックしてください。

品質マネジメントシステム変更時の適切な管理指示

品質マネジメントシステムに変更が生じ変更管理対応が不十分であったがゆえに、結果的に品質マネジメントシステムが有効に機能しなくなる場面がまれにあります。

組織変更、業務移管の発生、自社生産からアウトソース先への切り替えなどの大きな変更が生じた場合には、特に注意しなければなりません。

変更が発生した場合に変更管理を行うルールをしっかりと構築し、そのルール通りに実施されていることをチェックするのが品質管理責任者の使命です。変更管理対応が不十分であれば確実に実施するように指示し、プロセス間の業務繋がりが途切れることないよう監視して下さい。

顧客満足の向上を重視する活動の維持

品質管理責任者として顧客満足向上の活動を浸透させるためには、お客様から仕事をいただいているありがたさを従業員に説明することが大切です。説明すべきことは次の通りです。

  • 顧客から受注している製品は、最終的な商品としてどのようなところに使われているか
  • その最終商品が、世の中にどのように貢献しているか
  • 顧客からの受注状況及び今後の見込み
  • 顧客からの受注により、従業員へ給与を与えることができていること
  • 良い製品を顧客に届け続けることで顧客満足につながること

必ずしも、品質管理責任者から直接全従業員に伝える場を設け実施する必要はありませんが、品質管理責任者から役職者に伝え、役職者から全従業員に伝わる仕組み作りは必要です。

自分たちの携わる仕事がしっかりと世の中の役に立っていることを従業員が認識すれば、仕事へのモチベーションが上がり品質意識の高い行動を心がけるようになることから、品質マネジメントシステムが有効に機能するようになります。

この活動を定期的に行い、全従業員のモチベーションを高い位置で保ち続けましょう。そうすれば、品質マネジメントシステムが良い回転で回り続けるので、結果的に顧客満足の向上に繋がっていきます。そのことを認識したうえで、品質管理責任者の使命として必ず実行するようにしてください。

トップマネジメントへの活動結果の報告

品質管理責任者はトップマネジメントから品質マネジメントシステム管理の責任と権限が委譲され活動していますので、その活動結果とレビュー結果を報告しなけれななりません。その報告を受けたうえで、トップマネジメントは今後の中期的な活動方針や次期方針を決めることから、ひじょうに重要度の高い品質管理責任者の使命です。

品質マネジメントシステム活動を振り返るなかで、非常に効果的に運用された仕組みがあったり、逆に仕組み不足により有効に機能せずに顧客に迷惑をかけてしまった事例など、たくさん洗い出されるはずです。部門の責任者を招集し、ブレーンストーミング形式で部門内品質マネジメントシステム活動の良かった点や悪かった点を洗い出す活動を行えば、さらにたくさんの情報が集められます。

トップマネジメントには、品質マネジメントシステム活動の良かった点だけでなく、悪かった点も伝えるようにしてください。トップマネジメントに悪かった点も認識してもらったうえで経営改善にむけての判断材料にしてもらうことが大切です。

トップマネジメントに対し現行品質マネジメントシステムの良い点や問題点を適切に報告し、品質マネジメントシステム改善に繋げていくのが品質管理責任者の使命であるとの強い意志をもち、行動するようにしてください。

まとめ

この記事では、ISO活動での品質管理責任者の大切な役割と具体的な活動についてポイントをおさえ解説してきました。会社の品質マネジメントシステム維持管理そして改善に繋げていくために、品質管理責任者の果たす役割が非常に重要であることを理解していただけたかと思います。

市場はつねに変化しつづけています。その変化に追従するためには、会社の品質マネジメントシステムも改善しつづけていく必要があります。 品質マネジメントシステムの継続的改善を積極的に推進し、この会社の品質マネジメントシステムは品質管理責任者の自分が支えているとの自負をもって、ぜひ活動してみてください。

ISOナビでは月額4万円から取得・運用を完全サポートしております。

HACCPやISMS、Pマーク、ISO9001をはじめとする各種規格の新規の認証取得から更新・運用までサポートしております。

業界最安級の月額4万円からご利用いただけ、対応工数のゼロ化を実現します。

まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたライター
小一郎秀長

ISO9001(1994年度版)導入に続きISO14001(1996年度版)導入において、ISO事務局委員長として会社の認証取得に貢献。その後のISO改定時には、後輩育成のためにISO事務局へのアドバイザーとしてサポート。
現在はISO9001/IATF16949の維持管理に従事中。
戦国時代をこよなく愛し、尊敬するのは豊臣秀長。連休は城址廻りでリフレッシュ。

小一郎秀長をフォローする
ISO9001
ISOナビ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました