ISO9001のメリットとデメリットは?認証取得で企業や製品など多くの品質が改善

ISO9001のメリットとデメリットは?認証取得で企業や製品など多くの品質が改善 ISO9001

ISOの認証取得によって得られるメリットはなんでしょうか?また、デメリットはないのでしょうか?ここでは、最も認証取得登録組織数が多い品質マネジメントシステムのISO9001を認証取得することによって得られるメリットとデメリットを考えてみましょう。

ISO9001が求めている品質は、企業などが提供する製品やサービスだけではありません。ISO9001は、企業の組織体制やそこで働く従業員の意識、ステークホルダーとの利害関係など、企業活動のすべてを対象にしてその品質の改善を求めている規格です。

この記事では、ISO9001の認証取得で得られるメリットとデメリットについて、以下の項目を中心にわかりやすく解説します。

  • ISO9001とは?制定の歴史や要求事項などの特徴
  • ISO9001の認証取得前の活動で得られるメリット
  • ISO9001の認証取得によって得られる製品やサービスの品質向上のメリット
  • ISO9001の認証取得によって得られる企業や組織のメリット
  • ISO9001認証取得・運用のデメリット
  • ISO9001を認証取得するには

これからISO9001の認証取得を目指している方や、認証取得して導入したけれど運用の効果に悩んでいる方などのために、参考にしていただきたい内容をまとめています。

ISO9001とは?

ISO9001

ISO9001はスイスに本部がある国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)が定めた品質マネジメントシステムの国際規格です。企業などの組織が、顧客のためにより良い製品やサービスを提供するために必要な管理の仕組みなどを定めた規格です。

ISO9001は認証規格です。ISO9001に規定されたさまざまな要求事項などを組織が満たして実現しているかを認証審査機関によって審査され、適合していればISO9001の認証を取得できます。ISO9001を認証取得することによるさまざまなメリットやデメリットがありますが、まず、ISO9001制改訂の歴史や要求事項などの特徴を簡単に説明しておきましょう。

ISO9001制改訂の歴史

ISOが設立されたのは1947年で今までに約2万の規格が制定されていますが、設立当初からほとんどの規格はネジやカードの寸法などに代表される技術規格でした。ISO9001はそのようなモノの規格ではなく、品質に関する組織の活動を管理するための規格です。このようなマネジメントシステムの国際規格の先駆けとして1987年に制定されたのがISO9001なのです。

国際規格のISO9001が制定される前は欧米各国で独自の品質保証の規格がありましたが、各国の規格の差異が円滑な国際間の取引の障害になっていました。主にイギリスとアメリカの規格をベースにしてISO9001は制定されましたが、1987年以降1994年、2000年、2008年、2015年に改訂が行われ現在に至っています。特に2000年版は製造業中心から他の業種でも適用できるマネジメントシステムの要求事項へ、また2015年版は品質以外の環境や情報、食品衛生などのマネジメントシステムとの整合を図る大改訂が行われました。

また、ISO9001に関連するISO規格が約20種類あって、ISO9001の理解や運用をするにあたって参考にすべき事項などが規定されています。これらは総称してISO9000ファミリー規格と呼ばれていますが、詳しくはISO9000とは?9001だけじゃない9000ファミリー規格についてにまとめてありますので参考にしてください。

ISO9001の要求事項などの特徴

製品の品質

ISO9001の目的は、顧客が求める良い製品、良いサービスを提供するための管理されたシステムを構築し実践することです。そのための要求事項は、顧客重視やプロセスアプローチ、継続的改善などの品質マネジメントの7原則と言われるものを満たすように定められています。

ISO9001は実質的に4章の「組織の状況」、5章「リーダーシップ」、6章「計画」、7章「支援」、8章「運用」、9章「パフォーマンス評価」、10章「改善」で構成されています。そのなかには120項目以上の要求事項がありますが、なかでも以下の項目が特徴的で主要な要求事項として定められています。

  • 組織の状況を理解し、利害関係者のニーズと期待を明確にする。
  • 品質の高い製品・サービスを提供するマネジメントシステムを構築する。
  • リーダー・経営者の責任と組織内の権限を明確にする。
  • PDCAサイクルを回して継続的な改善を図る。

ISO9001の要求事項については、関連記事のISO9001の要求事項とは?規格の一覧とポイントを徹底解説で詳しく解説していますので参考にしてください。

ISO9001認証取得・運用のメリット

merit

ISO9001を認証取得・運用することによるメリットには、認証取得するための活動で得られるメリットと、認証取得後に製品やサービスに表れるメリット及び企業や組織に影響を与えるメリットの3種類があります。以下、個別に解説しましょう。

なお、ISO9001という規格ではなくいわゆるISOのマネジメントシステム規格全般を取得することによるメリットなどについては、関連記事のISOの認証取得・運用によるメリットとデメリットは?で紹介していますので参考にしてください。

ISO9001認証取得前の活動で得られるメリット

ISO9001を取得する前の活動には、マニュアルや手順書などの作成とそれに沿った内部監査や目的・目標へのPDCAの実践など、新たに経験する活動がたくさんあります。それらの活動から得られる大きなメリットを2つ紹介しましょう。

企業活動の活性化

ISO9001を取得するための活動には、今まで経験したことがない活動が多く、その活動のなかではさまざまな議論が交わされます。特に内部監査のような自部門の活動を他部門の監査員から指摘されるような活動では、その妥当性について熱い攻防が繰りひろげられることが多いでしょう。

その他、品質管理部門などが主体で行なわれる不適合管理や是正処置などでの活動でも、指摘事項に対しての論議は尽きません。マニュアルや手順書の内容や目的・目標の設定などについても、ISO9001を取得するための初めての活動になることが多いので議論の対象になるでしょう。

このような議論などをとおして、会社組織内、組織間の活動がISO9001の要求する継続的改善に向けての活動へと活性化されることは大きなメリットと言えるでしょう。ISO9001の認証取得の計画がなければ従来通りの体制のままで、企業活動が活性化へと進化することはないでしょう。また、仮にISO9001を認証取得できたとしても、このような企業活動の活性化が継続できなければ、ISO9001による運用効果も期待できないでしょう。

業務分掌の明確・細分化

ISO9001の活動に取り組むときに行なうことの一つに業務分掌の明確化があります。これは所属している部署およびその部署の個々人が行なっている業務、仕事の内容を細部にわたって明確化することです。

ISO9001で組織全体や部署ごと、あるいは個人別に品質目的、品質目標を設定してPDCAのサイクルで継続的に改善することが要求されています。その目的・目標の設定にあたっては、業務分掌が明確になっていなければ適切な立案ができません。

また、力量評価や教育計画立案にしても、個人ごとの業務分掌を明確にしておく必要があります。業務分掌の明確化は業務の棚卸しとも言えます。単純作業だけのように見える業務でも、一日単位、週単位、月単位などで見れば10項目以上の業務分掌として表すことができるでしょう。

この業務分掌の明確化はISO9001に限ったことではなく、環境のISO14001や情報のISO27001など、他のISO規格でも必要なことです。ISO9001活動を確実に実践するために、取得準備段階から業務分掌を明確化しておくことはその後の活動に大きなメリットになるでしょう。

ISO9001認証取得によって製品やサービスの品質向上のメリットが

良い点、メリット

ISO9001の認証取得によるメリットで目に見えてわかるのは、製品やサービスの品質向上です。ISO9001では各個人や各組織で品質に関わる目標設定をして、それを達成するようにPDCAで改善活動を実践します。

製品の品質向上のための活動は?

製品の品質を向上させるために、製造会社各部門では例えば次のような活動目標を設定します。

  • 資材部門:部品の受入検査の強化、仕入先業者への品質監査。
  • 製造部門:工程内不良率の低減、手順書類の改訂。
  • 品質管理部門:不適合事項の確実な是正。
  • 設計部門:クレーム事象の設計への反映。
  • 総務部門:間接費の削減、職場環境の改善。

これらの目標にはすべて数値目標が伴って、進捗管理されます。ISO9001の要求事項に沿っての改善活動で、製品の品質が確実に向上するというメリットが期待されます。

サービスの品質も向上

ISO9001は製造業だけでなく、サービス業での認証取得も多くなってきています。認証登録企業を業種別にみると、製造業が約50%でサービス業と建設業がそれぞれ約25%になっていて、この3業種でほとんどを占めていることになります。

サービス業の業種は具体的には卸売・小売業、輸送・倉庫・通信、金融・保険・不動産、情報技術、エンジニアリングなど多岐にわたります。それぞれの業種や企業などによって、ISO9001が求める品質目標の内容も異なるでしょう。

サービスの基本的な品質には、スピード感や納期遵守などの迅速性と柔軟性、顧客の期待を共有する共感性の他、正確性や安心感、好印象などの6つの要素があると言われています。サービス業の品質目標はこれらの他、顧客満足や信頼感、納得感などさらに良い品質を目指す目標サービス品質や、感覚的な品質を示す印象サービス品質などの要素が含まれた品質目標が基本になると思われます。

ISO9001を認証取得したサービス業の会社では、これらの品質目標を達成するように継続的改善が徹底して図られます。そのサービスの質、品質が向上するのは、その会社にとってもその顧客にとっても、大きなメリットになることに間違いはないでしょう。

ISO9001認証取得で得られる企業や組織などのメリット

ISO9001認証取得のメリットは製品やサービスの品質向上だけでなく、企業や組織そのものにもメリットが表れます。認証取得前の活動の項で紹介したように、企業活動活性化のメリットは継続的に維持されるでしょう。

製品やサービスの品質向上が企業の収益改善などのメリットにつながることはもちろんですが、ISO9001を認証取得したこと自体が評価されて社会的信用が向上します。そのことが取引の拡大や売上増加などにつながり、結果的に経営改善に寄与することになるでしょう。

会社や組織にとって重要なメリットは、ISO9001の枠組みの活動をとおして得られる企業体力、企業価値の向上につながることです。

このメリットは品質に限らず環境や情報などのISOマネジメントシステム規格に共通の要求事項から導かれるメリットで、ISOを認証取得する目的の最も重要なポイントでしょう。

ISO9001認証取得・運用のデメリット

悪い点、デメリット

ISO9001の認証取得・運用には次のようなデメリットもあります。

  • 文書や記録が増え、作成・管理の手間がかかる。
  • 改善の効果がすぐに出ず、また理想・目標とのギャップが大きく士気が低下する。
  • 運用・維持のための工数や審査費用など、メリット以上のコストがかかる。

これらは、ISO9001に限ったことではなく環境や情報などのISOマネジメントシステム規格全般に言えることです。ISO9001は特に管理項目が多いので、管理責任者の負担が非常に大きくなる傾向があります。責任者の人選や管理の分散化などが望まれます。また、組織内でのISOに対する理解、認識を効率的に徹底させることも重要です。ISOの運用、活用が適切に、効果的に行なわれていないことから生じるデメリットですが、運用に悩んでいるときは、外部のコンサルタント会社などに相談することもお勧めします。

ISO9001を認証取得するには

ISO9001の認証を取得して運用することで多くのメリットが得られますが、その認証を取得するにはどのような手順で進めればよいのでしょうか。一般的な手順を時系列で以下に示します。

  1. ISO9001認証取得方針を組織内に周知
  2. ISO9001推進事務局の選任、立上げ
  3. 事務局員へのISO9001教育・理解、コンサル会社契約の検討
  4. 推進計画を立案、経営層の承認、キックオフ
  5. 認証審査機関の調査・決定・契約
  6. ISO9001要求事項と自社品質マネジメントシステム現状との差異分析
  7. ISO9001要求事項に沿った品質マネジメントシステムの再構築・文書作成
  8. ISO9001要求事項と品質マネジメントシステムについての社内教育
  9. 内部監査、マネジメントレビューの実施
  10. 認証審査機関の第1段階審査・第2段階審査

一般的に、キックオフから審査を受けて認証取得するまでには約1年を要します。認証取得を成功するためには、組織内の人たちの熱意とベクトル合わせが欠かせません。認証取得までの詳しい手順については、関連記事のISO9001認証取得までの流れをカンタンに解説を参考にしてください。

まとめ

ISO9001の認証取得によるメリットは、製品やサービスの品質向上だけでなく、ISO規格の要求事項が意図する企業体質の強化や企業価値の向上につながるメリットが大きいと言えます。

認証取得前の準備段階の活動からさまざまな議論が企業などの組織を活性化するメリットも、その後の企業活動では重要なことです。

ISO9001の運用、活用が適切に、効果的に行なわれないとデメリットを生じることもあります。ISO9001の維持・運営には多くの費用、労力を費やしますが、ISOの主旨を確実に把握・理解して、それ以上のメリットを生みだすように活用、運用するように心がけましょう。

ISOナビでは月額4万円から取得・運用を完全サポートしております。

HACCPやISMS、Pマーク、ISO9001をはじめとする各種規格の新規の認証取得から更新・運用までサポートしております。

業界最安級の月額4万円からご利用いただけ、対応工数のゼロ化を実現します。

まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたライター
hikaruta

ISO9001:94年版での認証取得に関わって以来、ISO14001や医療機器品質のISO13485の認証取得・運用に深く携わり、ISOに翻弄、鍛えられたビジネスライフを経験。一線を退き、反省なども込めてISOを見つめ直しています。

hikarutaをフォローする
ISO9001 ISO全般
ISOナビ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました