ISO14001のメリットとデメリットは?認証取得で環境に関わるさまざまな対象が改善

ISO14001のメリットとデメリットは?認証取得で環境に関わるさまざまな対象が改善 ISO14001

ISO14001、環境ISOの認証を取得すると、企業などの組織にはどのようなメリットがあるのでしょうか?環境だから紙や電力などの削減効果?それだけだったら、コストをかけてまでISO14001の認証取得をする必要もないようにも思えます。また、逆にデメリットはないのでしょうか?

ISO14001認証取得のメリットには、紙・ゴミ・電気など環境の代名詞のようなものの削減の他、会社の活性化や収益向上などにもつながる大きなメリットがあります。この記事では、以下のことを中心にISO14001認証取得のメリットをわかりやすく解説します。

  • ISO14001制改訂の背景
  • ISO14001が要求する事項
  • ISO14001が求める改善対象となる環境側面
  • 企業活動のなかの環境側面
  • 環境側面改善などによって得られる企業のメリット
  • 継続的な改善などによって得られる企業のメリット
  • ISO14001認証取得・運用のデメリット
  • 認証返上によるメリットとデメリット
  • 認証取得活動で留意するポイント

これからISO14001の取得を検討している方や、ISO14001の運用が効果的にできず悩んでいる方などに参考にしていただきたい事項をまとめています。

ISO14001とは?

ISO14001

ISO14001はスイスに本部がある国際標準化機構(ISO:International Organization for Standardization)が定めた環境マネジメントシステムの国際規格です。企業などの組織が、環境と経済、社会のバランスを維持しながら、マネジメントに環境の要素を取入れて環境を保護し、変化する環境状態に対応するために必要な管理の仕組みなどを定めた規格です。 ISO14001は認証規格で、規定された要求事項などを組織が満たしているかを認証審査機関によって審査され、適合していればISO14001の認証を取得できます。ISO14001の認証取得にはさまざまなメリットやデメリットがありますが、まず、ISO14001制改訂の歴史や要求事項などの特徴を以下に説明しておきましょう。なお、ISO14001の概要については「ISO14001とは?規格の概要や特徴、メリットなどを詳しく解説」に記していますので参考にしてください。

ISO14001制改訂の歴史

環境問題_海辺のプラスティックごみ

ISOのマネジメントシステム規格で最初に制定されたのは品質マネジメントシステムの規格、ISO9001で1987年のことです。環境マネジメントシステム規格のISO14001が制定されたのは、それから9年後の1996年ですが制定の背景となる動向は1970年代から始まっていました。

温暖化や酸性雨、オゾン層破壊、異常気象など、さまざまな環境問題が発生し、世界の人口や資源、経済成長などを懸念した「成長の限界」が示されたのが1972年のことです。1980年には国連機関が地球環境保全と自然保護の指針として、環境と経済、社会を両立させた自然資源の保全として「持続可能な開発」の概念を初めて示しました。

具体的な規格化は、1992年の地球サミットで「持続可能な開発のための経済人会議」が、ISOに環境についての国際規格を作成するように要請したのが発端です。当時の英国の環境マネジメントシステム規格BS7750などをベースにして1996年にISO14001が制定されました。その後、2004年にISO9001との両立性を図る目的で改訂され、2015年には、品質や情報などのマネジメントシステム規格との整合性を図ることを主旨とした大幅な改訂がされて現在に至っています。

なお、ISO14001をサポート、解説などの補填をするISO14000ファミリー規格と呼ばれる約50種類の環境関連の規格群があります。ISO14000ファミリー規格については、「ISO14000とは?14000ファミリー規格は多様な環境マネジメントに対応」で詳しく解説していますので参考にしてください。

ISO14001の要求事項はなにか?

ISO14001が規格のなかで要求している事項は、環境改善に関して言えば次の2点に集約されるでしょう。

  • 環境パフォーマンスの向上
  • 環境目標の達成

環境関連では法規制が多数あるので、法令などの順守義務を満たすことも重要な要求事項になります。その他、品質などを含むISOマネジメントシステム規格に共通の次のような要求事項もあります。

  • 規定・手順を明確に定めること。
  • 責任・権限を明確にすること。
  • 目標や管理のポイントが明確にされ、継続的な改善が図れる仕組みになっていること。
  • 内部監査や是正処置によって、内部からのチェックが有効になっていること。
  • マネジメントレビューによって、組織の有効性や改善活動などが担保されていること。
  • 外部監査や苦情処理などによって、外部の声が有効に取り入れられていること。

これらの要求事項の実現は、ISOマネジメントシステム規格を認証取得した場合の有効なメリットになるでしょう。ISO14001固有の要求事項である上記した2点を実現することが、ISO14001認証取得のメリットにつながります。

ISO14001が求める改善対象は環境に関わるすべての事項に

目標

ISO14001の要求事項は、環境パフォーマンスの向上と環境目標の達成です。ということは、環境の何を向上させるのか、何を環境目標にするのかが重要になってきます。

それらの基本になるのが環境側面です。環境側面はISO14001規格では、「環境と相互に作用する、または相互に作用する可能性のある、組織の活動または製品またはサービスの要素」と定義されています。難しくてわかりにくい表現ですが、「環境に影響を与える要因」と考えると、環境に関わるすべての事項と言っても良いでしょう。

環境側面と考えられる事項について改善することを、ISO14001は要求しています。その中でも特に著しい環境側面については、改善活動の目標に定めて継続的な改善を行なわなければならないことが規定されています。環境側面については「ISO14001の環境側面とはなにか?具体例をわかりやすく解説」の記事も参考にしてください。

環境側面の抽出が重要

環境について改善すべきものが環境側面のなかに潜んでいます。日常の仕事、業務のなかから環境側面を抽出するには、まず所属する部門とその部門員個人が行なっている仕事の業務分掌を細部にわたって明確にする必要があります。

次にその業務、活動を行なうために必要なインプットは何か、またその活動によって産出されるアウトプットは何かをリストアップします。そのなかに環境にかかわるものがあれば、その業務、活動は環境側面の一つとして抽出すべきものになります。

例えば、大気汚染や水質汚染につながるような生産活動は、環境に悪い影響を与えるマイナスの環境側面として挙げられます。ただ、生産される製品が省エネなどの環境配慮型製品であれば、環境に良い影響を与えるプラスの環境側面として挙げることもできます。

抽出したさまざまな環境側面を環境にどの程度の影響を与えるのか評価し、特に改善が必要な「著しい環境側面」を特定します。その著しい環境側面を全社的な環境目標、あるいは部門ごとの環境目標に組み込んで、改善活動を継続的に推進するように規定されています。

著しい環境側面に特定されなくても、抽出した環境側面については改善・維持・監視などのレベル分けをして管理します。ISO14001を導入して改善活動を行なううえで、環境側面の抽出・評価・特定は初期のステップで明確にしなければならない最も重要なプロセスと位置づけられます。

ISO14001認証取得・運用のメリット

良い点、メリット

ISO14001を認証取得・運用することによるメリットは、認証取得するための活動のなかで得られるものと、認証取得して規格の要求事項を実現し運用していくなかで得られるものがあります。以下、個別に具体的に説明しましょう。

なお、ISO14001ということではなく、ISOのマネジメントシステム規格全般を取得することによるメリットなどについては、関連記事のISOの認証取得・運用によるメリットとデメリットは?で紹介していますので参考にしてください。

企業などの組織がISO14001取得で得られるメリットは?

ISO14001の認証取得で企業などの組織が得られるメリットは、環境に関わるさまざまな対象が改善されることです。環境に関わる対象には、紙・ゴミ・電気などの典型的な環境アイテムだけでなく、業務のなかで環境につながっているさまざまな側面が含まれています。

また、ISO14001を認証取得するまでの会社内、組織内の活力や、認証取得した後の環境マネジメントシステムを維持・改善していくプロセスで得られるものは、企業など組織の活性化向上という大きなメリットにつながるでしょう。

改善すべき環境側面はさまざまな仕事のなかに

環境側面は紙・ゴミ・電気といったものだけではなく、日常の仕事、業務のなかにも数多くあります。クールビズやウォームビズは電気代の節約だけではなく、快適な服装などによる作業性の向上や効率化の効果があります。

効率化はムダ・ムリ・ムラの排除に象徴されますが、時間短縮して業務が遂行できればそれだけ照明や冷暖房などの電力が節約できますし、なにより作業工数が削減され会社経営の指標改善にもつながります。

残業や休日出勤を環境側面ととらえて、その削減を環境目標に設定して活動することもありえることです。テレワークやフレックスタイムの推進などとともに「働き方改革」にも通じることで、経営指標改善だけでなく企業イメージの向上にも大きな役割を果たすでしょう。

会社の各部門、総務、資材、製造、品質管理、設計、開発、営業など各部門でそれぞれ固有の環境側面が数多くあるはずです。それらのなかから環境目標を設定して継続的な改善を推進すれば、経営的にも対外的にも必ず大きなメリットが得られるでしょう。

継続的改善で企業活動が活性化

ISO14001に限らずISOの認証取得を目指す時は、組織の各部門間で激しい議論が交わされることがしばしばあります。特に内部監査や不適合処理などでは、自部門の名誉もあるので規格の解釈やエビデンスの是非などについて活発に論じあうことが多いでしょう。認証取得活動ならではの企業活動の活性化です。

ISOマネジメントシステム規格の共通要求事項である継続的改善は、設定した環境目標に対してPDCA、Plan(計画)Do(実施)Check(評価)Act(改善)のサイクルを回すことを求めています。PDCAを回すことで環境目標の達成や目標の上方設定などがなされますが、その過程でも部門内、関係部門などとの議論や調整などが不可欠です。

このようなISO14001のマネジメントシステムを構築し運営することで、目標達成や企業活動の活性化が図られ、結果的に企業収益、企業価値が向上するという大きなメリットにつながります。

ISO14001認証取得・運用のデメリット

デメリット

ISO14001の認証取得・運用にはデメリットもあります。マニュアルや文書、記録などを作成・管理する手間がかかるとか、運用・維持のための工数や審査費用などメリット以上のコストがかかるなどのデメリットは、品質や情報など他のISOマネジメントシステム規格とも共通するデメリットです。 ISO14001で特に大きなデメリットは、他の規格に比べて改善効果が実感しにくいことです。品質のISO9001では製品などの品質向上が目に見えて解り易いのですが、ISO14001では紙、ゴミ、電気などの節約のみにとどまってしまう傾向があり、環境に貢献できているかが見えてこない弱点があります。的確な環境側面の抽出からのプロセスで解決できることですが、コストパフォーマンスが悪いということで、せっかく取得したISO14001の認証を返上してしまう企業もあるようです。

ISO14001認証返上によるメリットとデメリット

日本でのISO14001の認証組織数は、2009年の約40,000件がピークで2021年には22,000件弱にまで減少しています。この10年以上の間、新規に認証取得する組織数よりも認証を返上する組織数のほうが多いということです。「審査費用が高い」、「手間が掛かる」、「期待した効果が得られない」、「経営に役立たない」などが返上の主な理由です。

認証返上によるメリットは、審査費用や管理工数などのコストカットでしょう。デメリットはこの記事でも紹介したISO14001によるメリットが簡単には得られないことです。認証返上によるメリットとデメリットは、「ISO認証返上による企業のメリットとデメリットを考える」で詳しく解説していますので参考にしてください。

ISO14001認証取得活動で留意するポイント

ポイント!

ISO14001の認証取得手順はISO9001などの他のISOマネジメントシステム規格と変わるところはありません。認証取得の手順については、「初めての方向けにISO認証取得までの一連の流れを解説!」の記事を参考にしてください。

ISO14001の認証取得活動では、まず環境方針を設定し、その後にリスクアセスメントとして環境側面の抽出や法的要求事項などを明確にし、その評価・管理方法などを決めて運用していきます。この活動で留意するポイントは、限られた準備期間なのでまず基本的な環境側面などに絞って運用してみることです。その後、認証を取得した後からでも範囲を拡げて効果的な運用につなげていくのが良いでしょう。

まとめ

ISO14001の認証取得によるメリットは、環境に直結した紙・ゴミ・電気などの削減だけでなく、日常の業務のなかに含まれるさまざまな環境側面の改善にも表れます。さらにISOのマネジメントシステムを構築、運営することによって、企業収益や企業価値が向上するという大きなメリットを得ることができます。また、適切に運用できないとデメリットも生じます。

ISOのシステムを導入することによって、組織内の各部門間の議論や調整なども活発になります。ISOの目的・主旨を確実に理解・把握して活用、運営することで、さらに大きなメリットを生みだすように心がけましょう。

ISOナビでは月額4万円から取得・運用を完全サポートしております。

HACCPやISMS、Pマーク、ISO9001をはじめとする各種規格の新規の認証取得から更新・運用までサポートしております。

業界最安級の月額4万円からご利用いただけ、対応工数のゼロ化を実現します。

まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたライター
hikaruta

ISO9001:94年版での認証取得に関わって以来、ISO14001や医療機器品質のISO13485の認証取得・運用に深く携わり、ISOに翻弄、鍛えられたビジネスライフを経験。一線を退き、反省なども込めてISOを見つめ直しています。

hikarutaをフォローする
ISO14001 ISO全般
ISOナビ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました