ISO14001の環境側面とはなにか?具体例をわかりやすく解説

ISO14001の環境側面とはなにか?具体例をわかりやすく解説 ISO14001

ISO14001規格に基づく環境ISO活動を始めると、最初に出会う不可解な言葉が「環境側面」です。「環境側面」とはなんのことでしょう。

環境マネジメントシステムの最初の活動では、「環境側面を抽出する」、「環境側面を特定する」、「著しい環境側面を特定する」など、環境側面とはなにかを理解していないと進められない活動に直面します。

環境側面の意味を最初のところで間違えると、環境ISO活動の成果が期待できないものになってしまう恐れもあります。

そこでこの記事では、環境側面について次の2項目について具体的な事例なども含めてわかりやすく解説しましょう。

  • 環境側面とはなにか
  • 環境ISOにおける環境側面の位置づけや役割

環境ISOの活動に取り組むなかで、環境側面のことがよくわからない人や環境活動プログラムの作成に悩んでいる人などはぜひ参考にしてください。

「環境側面」の意味は?

「環境側面」はISO14001の規格では、「環境と相互に作用する、または相互に作用する可能性のある、組織の活動または製品またはサービスの要素」と定義されています。

また、それを決定するにあたっては、「組織は、環境マネジメントシステムの定められた適用範囲の中で、ライフサイクルの視点を考慮し、組織の活動、製品およびサービスについて、組織が管理できる環境側面および組織が影響を及ぼすことができる環境側面、並びにそれらに伴う環境影響を決定しなければならない」とされています。

難しい日本語で、これでは環境側面がなにかをよく理解できません。環境側面はISOの用語のなかでも最も難解な言葉の一つとされています。ISO規格の原文は「environmental aspect」ですが、英語を母国語とする人でも解釈に悩む人は多いそうです。

aspectには側面の他、局面、状況、特徴、様相などいろいろな和訳がありますが、影響の要因という意味合いもあります。ここは環境側面を「環境に影響を与える要因」として考えてみましょう。

具体的な環境側面とはなにか?

環境側面を具体的に抽出して特定するには、会社などの組織の製品やサービスなどの活動を細かく分析する必要があります。活動のライフサイクルをとおしてそのインプットとアウトプットはなにかを洗い出します。

また、環境側面には環境に悪い影響を与えるマイナスのものだけでなく、良い影響を与えるプラスの環境側面もあります。それと休業時などの非通常時や災害などの緊急時の環境側面も抽出する必要があります。

これらの環境側面の具体的な例を個別に考えてみましょう。

組織の活動のライフサイクルが対象

環境側面を抽出するにあたっては、その組織の活動のライフサイクルを対象にすることが求められています。

活動のライフサイクルと言うのは、例えばその活動が製品の製造であれば、製品にするための設計、製造のための原材料の調達、生産工程、輸送などの流通、顧客の使用環境、使用後の廃棄や最終処分などの活動が含まれます。

例えば活動が半導体などの集積回路を載せた電子基板の製造であれば、その活動のライフサイクルのなかで、次のようなことも環境側面となる対象の一部として挙げられます。

  • 有害物質を使用しない電子基板の設計
  • 貴金属やレアメタルなどの貿易規制に抵触しない調達
  • 製造工程での酸などの薬剤の処理方法
  • 生産に必要な電力などのユーティリティや作業工数
  • 搭載される家電製品などの需要動向や製品寿命
  • 廃棄時の有害性や有用性

環境側面を抽出する時には、関わっている組織の局面だけを考えがちですが、その前の段階のここに至るまでのストーリーや、使われた後廃棄される運命までを考えることが重要です。

環境側面は活動のインプットとアウトプットから抽出

環境側面は企業などの組織の活動のライフサイクル全般を対象にしますが、そのそれぞれの活動のインプットとアウトプットから抽出します。

インプットというのはその活動に必要となるもので、生産活動であれば素材や部品、電力などのエネルギー、人的資源などになります。アウトプットはその活動によって産出されるもの、例えば製品やサービスあるいは排水や廃棄物などが対象になります。

例えばトイレットペーパーの製造工程の場合を見てみましょう。インプットは古紙やパルプなどの主原料と溶解剤、漂白剤などの薬剤、電力やボイラーなどのエネルギー源、作業員の作業工数などになります。アウトプットは製品である良質のトイレットペーパーと、薬剤などの排出、排熱や汚水などの排出になるでしょう。

ここで注意することは、活動のインプットとアウトプットは組織のすべての部門に個別にあることです。製造部門だけでなく、総務部門や営業部門など各部門の活動のインプットとアウトプットを抽出することが必須事項になります。

マイナスの環境側面

さまざまな環境側面の抽出の仕方を紹介しましたが、環境側面にはプラスの環境側面とマイナスの環境側面があります。

マイナスの環境側面は、環境に対して悪い影響をもたらす環境側面です。環境に対する影響を探そうとすると、たいていは悪い影響をおよぼす環境側面が思い付きます。公害など環境問題のニュースなどによる影響が大きいからでしょう。

大気汚染とか水質汚染、CO2の排出などにつながる環境側面がマイナスの環境側面のメインですが、日々の残業や休日出勤などもマイナスの環境側面としてあげることを忘れないでください。

残業や休日出勤は勤務のための照明やエアコンなどの電力を消費するし、なにより通常の勤務が非効率であることの裏返しになるからです。直接的に環境とは関係ないようなことでも、マイナスの環境側面などにつながることに注意しましょう。

プラスの環境側面

プラスの環境側面は、環境に対してプラスとなる、有益な影響をおよぼす環境側面です。悪いことばかりに目が行きますが、次のような事例がプラスの環境側面になりますので参考にしてください。

  • クールビズの推進(総務)
  • フレックスタイム制度の導入(経営)
  • 輸送効率の向上による運行距離の削減(流通)
  • グリーン購入(資材)
  • 通い箱による梱包資材の削減(資材)
  • 環境配慮型製品の拡販(営業)
  • 生産リードタイムの短縮(製造)
  • 不良率の低減(製造)
  • 脱フロン・省エネなど環境配慮型製品の開発(開発)
  • コストダウン設計(設計)

あなたの業務や仕事のまわりに、まだまだプラスの環境側面につながるものがあるはずです。プラスの環境側面を積極的に推進することを心がけましょう。

緊急事態の環境側面

ISO14001の規格では、環境側面を抽出するときには非通常の状況と合理的に予見できる緊急事態を考慮にいれなければならないとしています。

非通常時の状況というのは、休業中や設備などの故障やメンテナンス時、一時的な停電・断水などの状況を言います。メンテナンス時などに考慮しなければならないようなことを環境側面としてあげましょう。

緊急事態には火災、爆発、天災の他、事故による操業停止などが含まれます。過去の事例や発生した場合を想定して環境に影響を与える設備などを環境側面としてあげましょう。規格8.2項の「緊急事態への準備および対応」ともリンクして手順書などが必要になる場合もあります。

環境側面のISO14001における位置づけ

ISO14001の規格の目的としていることは、環境に悪い影響を与える要因を削減することです。そのために、企業などの組織の活動に目標や計画を定めて改善活動を運用するためのマネジメントシステムを定着させることを、ISO14001の規定のなかに定めています。

企業などが環境負荷を低減する目標や計画を立案するときには、まず具体的になにが環境に悪い影響をおよぼしているのかを調べて対象となるものを決めなくてはなりません。それが、環境側面の抽出と特定です。

環境側面は環境ISOマネジメントシステムを運用するときには不可欠で、活動を推進するうえで初期の段階で明確にしなければならない重要な要素と言えるでしょう。

環境側面の特定は環境マネジメント活動の最初のステップ

企業などの組織が環境マネジメント活動の目標、目的などを設定するときのフローは次のようになります。

環境マネジメント活動の目標設定フロー
環境マネジメント活動の目標設定フロー

環境マネジメントプログラムを策定し、確実に実行するうえで、環境側面の抽出・特定は最初のステップで明確にしておかなければならない重要なプロセスと位置づけられます。

「著しい環境側面」は環境影響の評価から

環境側面は環境マネジメントプログラムの目的・目標につながりますが、抽出・特定した数多くの環境側面のすべてを目的・目標に設定することは不可能ですし非効率です。そこで、すべての環境側面が環境にどの程度の影響を与えるのか評価、環境影響評価を行って重要度付けをします。

ISO14001の規格には、この評価方法についての規定はありません。発生の頻度や影響の規模、深刻さ、持続時間などを点数化して評価するとか、大気汚染や水質汚染、地球温暖化、騒音、法規制などへの該当数などで評価する方法があります。

この評価によって、著しい環境側面、重要な環境側面を特定して環境マネジメントプログラムの目的・目標に組み込みます。紙・ゴミ・電気や周辺のゴミ拾いなどの活動しかないのであれば、ISO14001を取得する意味も必要もありません。

まとめ

環境ISOの活動を行ううえで、環境側面を抽出して特定するのが最初のステップですが、環境側面とはなにかを正しく把握することが重要です。活動のライフサイクルを対象にして、その活動のインプットとアウトプットから環境側面は抽出されます。

環境側面をいろいろな具体例で紹介しましたが、環境側面は組織の環境活動の目的・目標の根源となるものです。ISO14001活動の計画をたてるときや活動がうまくいかないときなどは、今一度、環境側面の内容を確認することをおすすめします。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました