ISOのコンサル会社がサポートする内容は?コンサルタントを活用してISOを取得・運用する背景

ISOのコンサル会社がサポートする内容は?コンサルタントを活用してISOを取得・運用する背景 ISO全般

ネットのISO関連のサイトにはISO取得・運用をサポートするコンサル会社が数多く見られます。このような会社に依頼すれば本当に確実にISOの取得ができるのか?疑問に思っている人も多いでしょう。また、実際にISOを取得するのにコンサル会社のサポートを受けたことがあるという人もいることでしょう。

この記事では、そのようなコンサル会社が何をどのようにサポートしてくれるのかを以下の項目を中心にして解説します。

  • コンサルタントとは何か?その仕事とは?
  • ISOコンサルに依頼すれば良いか?
  • コンサル会社の主なサポート内容
  • コンサル会社を利用するメリット
  • コンサル会社を選ぶポイント

ISOの認証取得を検討している組織の人でコンサル会社の導入を考えている人や、実際にISOを運用していてコンサルタントのサポートを検討している人などに参考にしていただきたい内容をまとめています。

ISOコンサルタントとは

ISOコンサルタントは、企業などの組織に対してISOの認証取得やISOの運用に関してサポートを行なう人のことで、個人事業主の人もいますしコンサルティング会社に所属して活動している人もいます。個人や法人を含め日本には数多くのISOコンサルタントがいて、そのサポート内容やコストなどもそれぞれ異なります。そのなかから目的に合致した最適なコンサルタントを見つけることは非常に難しいことと言えるでしょう。この記事では、そんな選定のサポートになる内容にも触れようと思います。

ISOコンサルタント_男性

ISOコンサルタントになるための特別な資格はありません。ただ、ISOに関することをサポートしてコンサル、助言するなかには指導することも含まれますので、ISOについての専門知識と関連する幅広い知識が必要になることは確かです。ISOコンサルタントには、企業などでISO管理責任者や事務局を経験した人や、ISO認証審査の審査員を経験した人が多いことがそのことを裏付けています。

ISOコンサルタントは、企業などがISOの認証を取得するのを手助けする人で、ISO認証取得を審査するISO審査員とは異なります。ISO審査員は審査の場でコンサルすることがISOの規定で禁止されています。審査の場を離れてISO審査員がコンサルタントになることはあり得ます。

ISOコンサルタントの仕事とは

ISOコンサルタントの仕事は、結果としてISOの認証取得をサポートすることになりますが、そのために顧客組織のISOのマネジメントシステムを適格に構築するための手助けをすることがメインになります。

コンサルタント_チーム

ISOのマネジメントシステムを構築するということは、ISO規格に規定された要求事項に適応するマニュアルや手順書などを制定し、そのマニュアルなどに則って業務を運用した結果を確認して問題があれば修正し改善していくことです。このマネジメントシステム構築の手助けをするなかで、顧客の負担・作業量を最小にして、いかにして顧客組織に適応したシステムを構築できるかがISOコンサルタントの手腕と言えるでしょう。

そのようなコンサルをするためには、顧客組織を良く理解しなければなりません。顧客との面談などを通して、その組織の特徴や課題を把握し、ISO要求事項などとの差異や問題点などの認識を顧客と共有して改善策を講じていくのがISOコンサルタントの仕事です。そのような活動のなかから顧客との信頼感も生まれてくるでしょう。

ISOコンサルタントの仕事の一つのゴールは顧客組織のISO認証取得です。そのために、内部監査やマネジメントレビューなどの重要なイベントへの参画や指導なども不可欠なコンサル事項になります。審査機関選定の助言や審査時の是正処置対応などへのサポートも重要な仕事です。ISOは組織の経営環境などを良くするためのシステムです。顧客の事情に合わせてシステムを構築することがISOコンサルタントの仕事の基本と言えるでしょう

ISOコンサルに依頼する背景-こんな時にコンサルを

悩みのある女性_ビジネスシーン

どんな時にISOコンサルタントのサポートを依頼したら良いのでしょうか。コンサルには費用もかかりますし、なんとか自力で対応できればとも考えるでしょう。コンサルタントは専門性と幅広い知識を持っています。なによりISO審査員と同様、第三者の目で外から組織を見てくれる客観性は有用です。以下、どんな時にコンサルを依頼したら良いのか、局面、背景などを紹介します。

認証取得までのサポート

会社や所属する組織がISOの認証を取得する方針となった時、以下のような不安や疑問を抱くのではないでしょうか。

  • 取得のための手順が分からず、具体的な計画がたてられない。
  • 規定や記録など、何を作成・管理したら良いか分からない。
  • 審査機関はどこを選べばよいのか分からない。

ISOコンサルタントは具体的にそれらの疑問や悩みを解決し、ドキュメント作成・管理のサポートや内部監査やシステムの改善策などについてのアドバイスを提供し、確実な認証取得をサポートしてくれるでしょう。

更新審査などまでの運用サポート

ISOの認証システムは認証取得後も1年毎に定期審査、3年毎に更新審査があります。その間、ISOのマネジメントシステムを適切に運用・維持しなければなりませんが、以下のような次の審査に対する不安を持つ組織は多いでしょう。

  • マニュアルや規定に定めたルールが順守できていない部分がある。
  • 是正処置などの対策が有効な改善につながっていない。

定期審査や更新審査ではISO規格への適合性だけでなく、いかに効果的に運用しているかの有効性も審査されます。ISOの要求事項以上の過剰なシステム構築や、運用のマンネリ化などによって効果的な運用ができていない組織も少なくありません。経験豊富なISOコンサルタントからは、システムの適切な運用や審査対応についての有効なサポートが期待できるでしょう。

複数のISO規格の統合運用・審査サポート

組織によっては品質のISO9001や環境のISO14001、情報セキュリティのISO27001など、複数のISOマネジメントシステム規格を認証取得・運用しているところがあります。それらの組織は共通して以下のような悩みをもっていて、それを解消するためには複数のISO規格の統合運用への移行が望ましいとされています。

  • 規格ごとの複数の管理体制があって煩雑。
  • マニュアルや規定などの文書体系が複数あって維持が大変。
  • 認証機関の審査が多く、一年中審査に追われる。

マニュアルや規定などドキュメントの統合、内部監査やマネジメントレビューなどの効率化、統合審査への対応などにISOコンサルタントが有力なサポートをしてくれるでしょう。

規格改訂時の対応サポート

ISOのマネジメントシステム規格は5年毎に内容の見直しがされ、必要であれば規格は改訂されます。規格が改訂された場合、その規格を認証取得している組織は定められた期限内に新しい改訂規格での認証審査を受けなければなりません。規格改訂時の対応は、まず改訂内容を正確に理解し、その改訂部分に関連するマニュアルや規定類の見直しをして改訂作業を行ないます。関連する従業員などへの教育も含めて、それらの対応作業や審査対応にISOコンサルタントのサポートが有効な力になるでしょう。

ISO認証取得コンサル会社のコンサルには3つのタイプが

数多くのISOコンサル会社がありますが、コンサルの仕方は以下に紹介する3つのタイプに大別されます。タイプによってコンサル料金やコンサルの内容、質も異なります。組織にとって必要なコンサルのタイプを適切に選択することが重要です。

テンプレート提供型コンサル

テンプレート型

ISOのシステムを構築するためには、マニュアルや規定類などのさまざまな文書や記録が必要になります。それら文書のフォーマットや雛形などを提供するのがテンプレート提供型のコンサルタントです。テンプレートを利用して自社の実務に合わせたドキュメントを作成してISOを構築していきます。テンプレートを提供するだけで打合せすることもほとんど無いので費用は安く済みますが、いかに実態に合わせたシステムを構築できるかは利用者次第になります。

教育指導型コンサル

ISOの管理責任者や担当者、従業員などに対してISO認証取得のための教育・指導を行なうタイプのコンサルです。内部監査員養成やISO実務セミナーなどの研修タイプも含まれます。費用は比較的高額になりますが、ISOについての知見があまりない組織に向いているコンサルです。教育指導型ではアドバイスが主なので、利用者がそれを具体的にISOのシステムに反映して構築、対応していく必要があります。

フルサポート型コンサル

ISO認証取得までのほとんどすべてをサポートするのがフルサポート型コンサルです。依頼組織へのヒアリングを始めとして、組織のなかに入り込んで言わばISO事務局の一員となってシステム構築の支援をします。組織の実態や要望を確認したうえでISOを構築していきます。内部監査やマネジメントレビューなどの運用をサポートすることもできますので、依頼組織の負担が少なくなります。コンサル会社によってサポートする内容はさまざまなので、よく確認して選ぶ必要があるでしょう。

コンサルタントによるサポート

ISO認証取得コンサル会社を利用するメリット

ISOの認証取得や維持・運用などにコンサル会社を利用するメリットには次のようなことが挙げられます。

  • ISO管理責任者や事務局などの担当者の負担が大幅に減少。
  • 自力で取得するよりも短い期間での取得が可能。
  • 組織に最適で無駄のないスリムなマネジメントシステムの構築。
  • 確実な審査対応が可能。

これらは主にフルサポート型のコンサル会社を利用した時のメリットですが、コンサル会社の選択によっては必ずしも全てが得られるものではありません。また、テンプレート提供型や教育指導型コンサルの場合は、自力でのかなりの努力が必要不可欠になります。コンサル会社を利用した時のデメリットと言えば、上記のようなメリットが得られなかった場合の費やした時間と費用が無駄になるということでしょう。

ISO認証取得コンサル会社を選ぶポイント

ISO認証取得コンサル会社を利用し、そのメリットを活かして有効な認証取得につなげるために重要なことがコンサル会社の選択です。数あるコンサル会社のなかから最適の会社を選ぶのは難しいことです。以下、コンサル会社選びに失敗しないための4つのポイントを紹介します。

コンサルタント選び

サポート内容に見合った費用か?

コンサルの料金はサポート内容によって変動し、内容が充実しているほどコンサル料は高くなります。認証取得時の一般的なコンサル料金は100万円前後が相場と言われています。コンサル内容と料金が明示されて契約を交わすわけですが、追加料金が発生することもあります。コンサル会社にどこまでのサポートを求めるか、予算はどのくらいかを明確にしてコンサル会社を選定するのが良いでしょう。

認証取得後のサポートは?

ISOは認証を取得したら終わりではありません。むしろ、そこからがスタートです。取得後の維持・運用を自力で行なうこともできますが、1年毎の定期審査や3年毎の更新審査、あるいは規格改訂時の対応や他規格との統合など、コンサルのサポートを得たい局面があります。継続的改善を図るためにシステムが効果的に運用できているかなどのチェック、コンサルを含めた認証取得後のサポートが可能なコンサル会社を選ぶと安心でしょう。

内部監査やマネジメントレビューなどのサポートは?

内部監査やマネジメントレビューは、ISOを運用するなかでの重要なイベントです。内部監査員やトップマネジメント、管理責任者などのスキルによってそれらのイベントの効果は左右されます。コンサルタントという第三者の目でそれらについてチェックやアドバイスを受けることはとても貴重です。その他、ISOについての従業員などへのさまざまな教育・指導をサポートできるかもコンサル会社を選定する要素になるでしょう。

コンサルの実績は?

コンサル会社の実績も知りたいところでしょう。どのような規格での実績があるか、どのような業種の会社、どのような規模の会社の実績があるかを確認することも大切です。自社と類似の会社での実績があるとサポートにも期待が持てます。顧客との契約上、細部の情報は確認できないでしょうが、概要の情報でもコンサルを依頼する際の参考になるでしょう。

まとめ

ISOの認証取得にコンサル会社を利用する組織も多いでしょう。ISOコンサル会社は認証取得だけでなく、取得後の維持・運用や定期審査、更新審査、規格改訂時の対応、複数の規格の統合などについてのサポートを行なっているところもあります。コンサル会社の利用は、管理責任者や事務局などの負担を大幅に軽減できるなどのメリットがありますので、費用対効果を考えて活用するようにしましょう。数多くのコンサル会社のなかから最適な会社を選ぶのは難しいことですが、組織の実情を良く把握して対応、サポートしてくれる会社を探すと良いでしょう。

ISOナビでは月額4万円から取得・運用を完全サポートしております。

HACCPやISMS、Pマーク、ISO9001をはじめとする各種規格の新規の認証取得から更新・運用までサポートしております。

業界最安級の月額4万円からご利用いただけ、対応工数のゼロ化を実現します。

まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたライター
hikaruta

ISO9001:94年版での認証取得に関わって以来、ISO14001や医療機器品質のISO13485の認証取得・運用に深く携わり、ISOに翻弄、鍛えられたビジネスライフを経験。一線を退き、反省なども込めてISOを見つめ直しています。

hikarutaをフォローする
ISO全般
ISOナビ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました