ISO45001とは?労働安全衛生のMS規格、要求事項やメリットなど概要を解説

ISO45001とは?労働安全衛生のMS規格、要求事項やメリットなど概要を解説 ISO全般

ISO45001は労働安全衛生のMS(マネジメントシステム)規格です。組織に従事する人を労働災害や病気から守るための管理システムと言って良いでしょう。品質のISO9001や環境のISO14001と同様に、ISOの附属書SLに規定されたMS規格の標準フォーマットに沿って作成されています。

この記事では、ISO45001がどのような規格なのかを以下の項目を中心にして解説します。

  • ISO45001とは何か、制定の背景
  • ISO45001を取得する目的やメリット
  • ISO45001と法規制や他の労働安全衛生規格との関係性
  • ISO45001の規格構成と主な要求事項
  • ISO45001の取得・運用の流れ

ISO45001の認証取得を検討している組織の人や、運用に悩んでいる組織の経営層、管理責任者、ISO事務局の人などに参考にしていただきたい内容をまとめています。

ISO45001とは

従業員安全

ISO45001の規格名称は「労働安全衛生マネジメントシステム-要求事項及び利用の手引(Occupational health and safety management systems – Requirements with guidance for use)」で、労働安全衛生に関するMS規格ですが要求事項の他に利用する手引き、ガイダンス的な事項も含まれています。

ISO45001を理解するために、まずその内容の概要とこの規格が制定された背景を見てみましょう。なお、規格本文はISO45001をそのままJIS化したJIS Q45001:2018を参考にすると良いでしょう。

ISO45001の内容の概要

ISO45001は労働安全衛生のMS規格で、「働く人」の労働に関連する怪我などの災害や疾病を予防することと安全で健康的な職場環境を提供する仕組みを実現するための要求事項を規定しています。ここでの「働く人」は従業員だけではなく、経営層や管理職、派遣社員、請負業者など組織の事業活動に関わるすべての「働く人」が含まれます。

要求事項は、業務内容の見直しを行なって業務手順を文書化し、方針・目標を設定、計画を策定し、定めたルールに従った運用と実施状況の点検と改善、すなわちPDCAによる継続的改善が要点になっています。

ISO45001制定の背景

ILO

労働安全衛生の国際的なMS規格制定の検討は1990年代になって始まりましたが、時期尚早で現時点では不要との結論で規格の発行は見送られました。そんななかで1996年に英国規格協会が労働安全衛生MSの国内規格BS8800を発行し、世界各国でも労働安全衛生MSの標準規格を求める機運が高まり始めました。

そのような要望を受けて英国規格協会が1999年にOHSAS18001と呼ばれる労働安全衛生規格を発行しました。OHSAS18001(Occupational Health and Safety Assessment Specification)は労働安全衛生に関する評価基準を定めたもので、BS8800や各国の国内規格などから取りまとめたものです。OHSAS18001は認証規格で労働安全衛生の世界標準として国際的に広く普及した規格です。

一方、国連の専門機関であるILO(International Labour Organization:国際労働機関)は、2001年にILO労働安全衛生マネジメントシステムに関するガイドライン(ILO-OSH2001)を公表し、多くの国がこのガイドラインを基に自国に合う労働安全衛生のMS規格を策定しました。

日本では、労働安全衛生法の省告示として「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針(OSHMS指針)」が1999年に示されました。この指針はILO-OSH2001のガイドラインに準拠させるために2006年に、またISO45001の内容を取込むために2019年に改正されています。この指針が適切に運用されているかを審査・認定するのが2003年から始まったJISHA(Japan Industrial Safety and Health Association:中央労働災害防止協会:中災防)方式適格OSHMS認証です。

これらのOHSAS18001やILOのガイドライン、各国の法規制などがあるなか、再びISOによる国際規格の発行が求められるようになりました。従来の法令や規制、規格などと矛盾せず、かつ働く人の安全、衛生を第一とした国際規格として2018年にISO45001が発行されました。

ISO45001を取得する目的

ISO45001が狙いとする労働安全衛生に関しての要求は次の3点の実現に集約されます。

  • 安全で健康的な職場の提供
  • 労働災害や疾病の防止
  • 労働安全衛生パフォーマンスの向上

ISO45001の認証を取得しようとする組織、企業などの目的は、これらのことを実現して社会的な信頼性の向上や社員の満足度向上、市場競争力強化などにつなげることにあるでしょう。ISO45001は規格名称にもある通り、要求事項だけでなく利用の手引き、実現するためのガイダンスが多く含まれているので、労働安全衛生MSを運用するうえでのサポートにもなります。

労働安全衛生というと、工場や建設現場が対象と考えがちですが、ISO45001は業種や企業活動の種類、組織規模などに関係なく、あらゆる組織に導入が可能な規格です。ISO45001は認証規格で、2021年3月の日本適合性認定協会(JAB)のデータによると、日本国内で2093の組織・企業が認証を取得しています。

ISO45001を取得するメリットとデメリット

メリット・デメリット

ISO45001の認証を取得するメリットには次のような点があります。

  • 労働安全衛生に関するリスクが低減され、労働災害や製造などの損失コストを削減できます。
  • 労働安全衛生について継続的な改善を続けている企業であることが認められることによって企業評価が向上し、顧客や取引先、地域住民などのステークホルダーの信頼性も向上します。
  • 信頼性が向上することによって、取引先の拡大や業績の伸張なども期待でき、企業競争力の強化につながります。
  • 労働安全衛生の環境を整えることで、働く人の満足度やモチベーションが向上します。そのことは離職率の低下や有利な採用活動などにもつながります。

上記のメリットが得られるように効果的にISOのシステムが運用されていれば、ISO45001を取得することによるデメリットは無いと言って良いでしょう。ISOの認証取得と運用には認証機関への審査費用や、内部監査員や事務局などをはじめとして相当数の作業工数を要します。このような多額の費用を投じてメリットが無いのであれば、無駄な費用と認識されてISO活動そのものがデメリットとされてしまうことでしょう。そのようなことが無いように、効果的なISOの運用を心掛けましょう。

ISO45001と労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)などとの関係性

ISO45001制定の背景」の項で紹介したように、労働安全衛生に関する規格や法規制はISO45001以外にもいくつかあります。ここではISO45001とそれらの規格や法規制との関係、違いなどを見てみましょう。

OSHMSとOHSMSの違い

労働安全衛生マネジメントシステムにはOSHMSとOHSMSという二つの略称がありますが、この違いは何なのでしょうか。

OSHMS:Occupational Safety and Health Management System

OHSMS:Occupational Health and Safety Management System

Safety(安全)とHealth(衛生)の順序の違いだけなのですが、この順序にこだわりがあるようです。日本を含むアジア諸国やILOではOSHMSを採用し、米国や欧州、ISOではOHSMSを採用しています。制定順では最新になっているISO45001では、規格名称を「安全衛生」にするか「衛生安全」にするかで長時間に及ぶ議論がありました。結局、安全に働くためには、まず健康でなくてはならない、健康はすべてに優先するという理由からOHSMSが採用されました。ただ、OHSとOSHの意味は同じであるという用語の定義がなされています(3.11項注記2)

労働安全衛生マネジメントシステム(OSHMS)とISO45001の関係性

日本の労働安全衛生法の省告示である「労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針(OSHMS指針)」は、ILOのガイドラインやISO45001の内容を取込むために改正されてきていますから、ISO45001の要求事項はほとんど内包していると言って良いでしょう。

ただ、OSHMS指針にはISO45001にはない日本独自の指針が含まれています。すなわち、危険予知(KY)活動や4S(5S)活動、安全衛生パトロールなど日本独自の安全衛生活動がOSHMS指針には規定されています。

ISO45001とJIS Q45001、JIS Q45100、OSHMS指針の関係

JIS Q45001はISO45001の内容をそのままJIS化した規格です。JIS Q45100はJIS Q45001と同時期に制定された規格で、ISO(JIS Q)45001にOSHMS指針の内容も加え、より高い労働災害防止効果を狙いとした日本独自の規格です。

ISO45001とOHSAS18001の違い、関係

ISO45001はOHSAS18001に代わる労働安全衛生MSの世界標準の国際規格として制定されました。ISO45001の要求事項はOHSAS18001とほぼ同じ内容ですが、ISOのMS規格の基本構成である「組織及びその状況の理解」や「リスク及び機会の評価」などの項目が追加されています。

なお、OHSAS18001を包含するISO45001が制定されたことにより、OHSAS18001の認証は2021年3月で廃止されました。

ISO45001の規格構成

ISO45001の規格構成をJIS化したJIS Q45001の目次から以下に示します。

0.序文

 0.1 背景

 0.2 労働安全衛生マネジメントシステム

 0.3 成功のための要因

 0.4 Plan-Do-Check-Actサイクル

 0.5 この規格の内容

1.適用範囲

2.引用規格

3.用語及び定義

4.組織の状況

 4.1 組織及びその状況の理解

 4.2 働く人及びその他の利害関係者のニーズ及び期待の理解

 4.3 労働安全衛生マネジメントシステムの適用範囲の決定

 4.4 労働安全衛生マネジメントシステム

5.リーダーシップ及び働く人の参加

 5.1 リーダーシップ及びコミットメント

 5.2 労働安全衛生方針

 5.3 組織の役割、責任及び権限

 5.4 働く人の協議及び参加

6.計画

 6.1 リスク及び機会への取組み

 6.2 労働安全衛生目標及びそれを達成するための計画策定

7.支援

 7.1 資源

 7.2 力量

 7.3 認識

 7.4 コミュニケーション

 7.5 文書化した情報

8.運用

 8.1 運用の計画及び管理

 8.2 緊急事態への準備及び対応

9.パフォーマンス評価

 9.1 モニタリング、測定、分析及びパフォーマンス評価

 9.2 内部監査

 9.3 マネジメントレビュー

10.改善

 10.1 一般

 10.2 インシデント、不適合及び是正処置

 10.3 継続的改善

附属書A(参考)この規格の利用の手引

参考文献

引用:JIS Q45001:2018目次

ISO9001やISO14001などと同様に、ISOの「附属書SL」に規定されたMS規格の標準フォーマットに沿った規格構成になっています。このなかの要求事項のうち、ISO45001を運用するにあたってポイントになるのは次の3点です。

  • 経営トップが主導する取組み
  • 「働く人」の協議、参画
  • PDCAによる継続的改善

ISO45001のPDCA

PDCA

ISO45001では規格の0.4項を「Plan-Do-Check-Actサイクル」として、以下のようにPDCAによる継続的改善を達成するためのアプローチの重要性を示しています。

Plan:計画(6.計画)

組織の状況および働く人や利害関係者のニーズ・期待を理解し、それをもとにして労働安全衛生MSの適用範囲を決定します。労働安全衛生に関わるリスクや機会を評価し、組織の労働安全衛生方針に沿った結果を出すために必要な目標やプロセスを確立します。

Do:実行(8.運用)

計画どおりに労働安全衛生マネジメントのプロセスを実施します。

Check:評価(9.パフォーマンス評価)

労働安全衛生方針や目標に照らして、活動やプロセスを監視・測定し、その結果を報告します。内部監査やマネジメントレビューなどの活動も含まれます。

Act:改善(10.改善)

評価した結果をもとに、より目標に沿った成果を達成できるような処置を策定し、継続的改善を図ります。

PDCAを常に循環させて、より働きやすい快適な職場へと変えていくことが労働安全衛生MSの基本です。規格では、PDCAとこの規格の枠組みの関係を図1のように示しています。

図1.PDCAとISO45001の枠組みとの関係
図1.PDCAとISO45001の枠組みとの関係(出典:JIS Q45001:2018 0.4項 図1

ISO45001の取得・運用の流れ

ISO45001の認証取得の流れは、ISO9001やISO14001など他のMS規格を取得する場合と基本的に同じです。以下、時間軸で紹介します。

準備期間・キックオフ

経営トップが認証の取得を決定し、管理責任者や事務局員を任命してキックオフを宣言します。まず、管理責任者や事務局員をはじめとする実務担当者のISO教育が必須です。

運用試行期間

労働安全衛生方針を決定し、マニュアルや必要な各種規定などを作成、従業員への啓発・教育などを実施し、システムの試行を開始します。労働安全衛生の目標も設定します。

認証機関選定・決定

認証機関を調査、問い合わせなどして選定・決定します。認証機関の選定については関連記事としてISO審査登録機関とは?現場で機関選定や変更の際に間違わない4つのポイントを参考にしてください。キックオフからここまでは6カ月程度が目安でしょう。

登録審査に向けての運用期間

審査までの期間で、教育を含め内部監査、是正処置、マネジメントレビューは確実に実施しておきましょう。

登録審査(第1段階:文書審査)

マニュアルや規定類、組織図などの審査です。

登録審査(第1段階:実地審査)

第2段階審査のための情報収集が目的で、審査対象範囲や事業所の状況、関連文書などをサンプリング審査します。

登録審査(第2段階)

認証可否判断の審査で、適用範囲のすべてを対象にMSの実施状況を評価し、規格への適合性を審査します。適合していると判断されれば登録認証書が1カ月程度で発行されます。認証機関決定から登録認証書発行まで問題が無ければ6カ月程度です。

ISO認証取得に向けての流れは、関連記事として初めての方向けにISO認証取得までの一連の流れを解説!で詳しく解説していますので参考にしてください。

認証取得後は1年毎に定期審査、3年毎に再認証の更新審査があります。ISO認証取得後の運用については、関連記事のISO認証取得後の維持・管理・運用のポイントを参考にしてください。

ISO45001のよくある質問

ISO45001に関連するよくある質問をまとめましたので参考にしてください。

質問1:工場や支社など2つ以上の事業所があるのですが、1つの事業所に限定して認証取得することはできますか?

答え1:任意の事業所単位での認証取得が可能です。むしろ複数の事業所を併せて取得するよりは簡単と言えるでしょう。ただし、その事業所のマネジメントシステムに対して権限を持つトップマネジメントの存在が必要です。

質問2:ISO9001やISO14001などと同時にISO45001の審査を受けることはできますか?

答え2:多くの認証機関で同時審査や統合審査が可能です。統合認証については関連記事としてISO各規格を統合して認証取得する際に留意する点と統合するメリットは?を参考にしてください。

質問3:労働安全衛生における「リスクと機会」には具体的に何がありますか?

答え3:リスクには、接触による負傷や機器の取扱ミス、無知による危険源への接触、力量不足による判断ミス、組織内の専門家不足、製造工程の大幅な変更などがあります。機会には、新設備の導入や施設移転、作業手順の見直し、5S・ポカヨケの徹底などが考えられます。組織の状況を把握することが重要です。

まとめ

ISO45001は労働安全衛生に関するMS規格で、組織で働く人を労働災害や病気から守るための管理システムです。労働安全衛生に関しては各国の法規制やILOのガイドラインなどがありますが、それらと矛盾せず、働く人の安全、衛生を第一とした国際規格として発行されました。PDCAを常に循環させて、より働きやすい快適な職場へ変えていくことがシステムの基本です。ISO45001は業種などを問わずどの組織にも適用できる規格です。明るく快適な職場環境を実現するためにISO45001を活用してみてはいかがでしょうか。

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました