ISO/TS16949からIATF16949へ-自動車産業QMS規格の特徴は?

ISO/TS16949からIATF16949へ~自動車産業QMS規格の特徴は? ISO全般

自動車産業は今、IoT化の促進により、大きな転換期を迎えようとしております。特に自動運転が現実的になってきており、それに伴い自動車の電子化が進み、電子部品とソフトの緻密な融合が必須となってきています。その自動運転が普及していくためには、事故を起こさない究極の安全性を求められます。

自動車産業は、自動車の安全性確保最優先のために、安定した品質のものを継続的に納入できる品質マネジメントシステムの仕組みを独自に構築し、QS-9000にはじまり、ISO/TS16949そしてIATF16949と進化してきました。

この記事では、ISO/TS16949からIATF16949へ移行された際の変更ポイント及びIATF16949が求める自動車産業品質マネジメントシステム規格特徴の概要について、以下のように解説しています。

  • 自動車産業の将来
  • ISO/TS16949からIATF16949への移行
  • IATF16949の適用範囲
  • IATF16949規格要求事項の特徴
  • ISO/TS16949からIATF16949改訂時の主要変更ポイント

これからIATF16949取得を検討されている会社で品質マネジメントシステム活動を取りまとめている事務局の方はぜひこの記事をご覧ください。

自動車産業の将来

自動車産業の未来

先に述べたとおり、IoT化が自動車の在り方の概念を変え自動車産業の中で大きな変革が生じてきており、自動運転が実用段階に入ってきています。自動車の進化と合わせて、自動車に搭載される部品すべてに対して自動車の性能を引き出す信頼性の向上が求められます。

また自動車産業は、車体をはじめ自動車部品全体に使用する鉄鋼などの各種原材料分野から、電子機器や電子情報通信分野まで、非常に多くの産業分野の製品を複数のサプライチェーンにより高度に複合化する製造産業となっており、世界中の顧客を対象にそのニーズを満たすためにつねに成長を続けている業界です。

よって、OEMに対し部品を供給する製造メーカーには、安定的に部品を供給し続ける実力を求められます。自動車産業の成長に追従していくためには、製造メーカーとしては高品質維持は当然のこととして、自動車の開発状況についていく体力をつけなければなりません。ただし、部品製造メーカーのみで開発を進めるのは難しく、OEMかTier1(1次サプライヤー)からの新規開発情報を得ながら自社展開の可否を検討する必要があります。そのためには、メーカーとして信頼を維持していくことが大切であり、自動車産業向け国際規格の取得および維持管理はその信頼を勝ち取るツールであるといえます。

これからの自動車産業に部品を供給し続ける製造メーカーであり続けるためには、自動車産業向け国際規格であるIATF16949を取得し規格に適合させていくことが必須になってくるでしょう。

ISO/TSからIATF16949への移行

自動車輸出

自動車産業の品質マネジメントシステム規格は米国ビッグ3から始まった制度です。それが、自動車セクター要求基準で規定されたQS-9000になります。QS-9000はISO9001と比較すると要求事項が具体的になっており、Q(品質)、C(コスト)、D(納期)パフォーマンスの詳細要求がありました。発行された当初はTier1に対して取得は必須条件としており、Tier2、Tier3まで取得することが提案されていました。その後、ISO規格と融合したISO/TS16949が国際規格に準ずる形で標準化されたため、QS-9000は廃止されました。

ISO/TS16949は、ISO9001:2000をベースに、米国規格QS-9000を骨子とし、フランス規格EAQF、ドイツ規格VDA及びイタリア規格AVSQを融合してできた、世界基準の自動車産業規格となりました。この規格は、IATF(International Automotive Task Force)、ISO/TC176(品質管理及び品質保証に関する専門委員会)および各国小委員会の代表メンバーによって作成されました。なおTSとはTechnical Specification(技術仕様書)の略で国際規格としての出版形態の一つであり、ISO/TSと命名することで国際規格であることを表明しました。ISO/TS16949は、ISO9001が2008年度版として改訂された段階で2009年度版として刷新し、これを機会に全世界に広く普及しています。

その後、ISO9001が2015年度に全面改訂されたタイミングで、IATFがISO機関と運用していたISO/TS16949をIATF直轄の自動車セクター規格として管理運営することが決定し、2016年にIATF16949が制定され発行されました。IATF16949は、単独の品質マネジメントシステム規格ではなく、ISO9001:2015(JIS Q 9001:2015)の補足としての位置づけとなっています。このとき、ISO/TS16949の認証組織は2018年9月までにISO9001:2015およびIATF16949:2016への移行を完了し認定登録されることが条件となりました。

IATF16949の適用範囲

IATF16949は、自動車生産および関連サービス部品を製造する組織が認証取得できる規格になります。ISO9001と大きく異なるのは、製造機能をもつ工場を主体にした認証になることです。自動車産業のサプライチェーンにあたる組織であれば、どの製造サイトでもIATF16949認証審査を受けることが可能です。本社機能、設計開発センターや物流センターなどの支援部門は、製造サイト内にあろうと遠隔地にあろうと品質マネジメントシステムの適用範囲に含めなければならず、支援部門として認証審査を受審しなければなりません。なお、支援部門が単独でIATF16949審査を受審することは不可能です。

IATF16949では、製品の設計・開発責任が顧客にあり取得企業にない場合に限っては8.3項の除外のみ認められています。それ以外の規格要求事項の除外はいっさい認められていません。

IATF16949規格要求事項の特徴

先に述べた通り、IATF16949規格要求事項はISO9001規格要求事項をベースにしていますが、自動車産業としてさらに重要な要求項目がプラスされ構成されています。

それでは、IATF規格要求事項にはどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

顧客重視

IATF16949は、顧客固有要求事項(CSR)とともに組織の品質マネジメントシステムを構築することを要求していることから、顧客重視となっている規格であることが分かります。

例えば、組織の役割、責任及び権限-補足の項番である5.3.1項では、トップマネジメントが顧客要求事項を満たすための責任及び権限をもつ要員を任命するように要求しています。自動車産業の開発は日々進んでおり、そのなかで各OEMは会社オリジナルの開発を進めていることから、OEMから開発及び生産を請け負うサプライチェーンは設計開発情報を確実に受け取り、その情報に合致する製品を開発し承認されなければなりません。そのために、OEMから確実に最新情報を受け取り、組織内に反映できる責任者を任命するように経営層に要求しているのです。

IATF16949に加盟しているOEMのCSRはIATF16949規格要求事項をベースにしていますが、各社独自の要求が入っている場合もあるので、取引のあるOEMのCSRを確実に自社品質マネジメントシステムに反映する仕組みをもたなければなりません。CSRは一般的には頻繁に更新されるものなので、更新情報をいち早く入手し、品質マネジメントシステムを見直し更新する仕組み作りも必要です。

パフォーマンス重視

IATF16949の大きな特徴として、パフォーマンスを重視している点にあります。特に、顧客満足-補足の項である9.1.2.1項は、顧客満足のパフォーマンスを確実に監視することを要求しています。しかも、納入した部品の品質や納期のパフォーマンスだけでなく、顧客が被った迷惑、市場で起きた回収、リコール、補償そして特別輸送費が発生した場合はその費用などの実績をモニターすることを求めています。もし、サプライチェーンが部品生産の一部を外部委託している場合には、その供給先に対しても同様のパフォーマンスの監視を行うことを求めています。

パフォーマンス監視の最大の目的は、品質マネジメントシステムの有効性を確実にすることを客観的な証拠をもって実証することにあります。顧客としては、パフォーマンスデータの資料提示を要求し顧客のもつQCDSデータと整合が取れるか客観的にチェックすることもできることから、組織としては表面的なデータ検証だけでは不十分であり、規格要求事項にあるパフォーマンスデータをつねに監視しながらいつでも抽出できるようにしておかなければなりません。

製造工程重視

IATF16949では、製造工程が極めて重視されています。規格要求事項では、製造工程の管理として製造工程設計に始まり、製造パフォーマンスの監視、評価、分析及びレビュー実施について具体的に示しています。

これは、OEMの品質マネジメントシステムに関するサプライヤー管理が製造工場単位であることに起因しています。OEMへ部品を納めるサプライチェーンにおいて、設計開発拠点は1つであるのに対して製造拠点は全世界に所在することから、製造拠点を評価しなければ品質マネジメントシステムの評価にはならないという実情があるからです。よって、IATF16949は、製造工程を重視した規格要求事項を取り入れ、製造工場としての品質マネジメントシステムを管理できるようにしています。

ISO/TS16949からIATF16949改訂時の主要変更ポイント

自動車工場オートメーションイラスト

ISO/TS16949からIATF16949改訂に伴い、特に自動車産業の品質マネジメントシステム管理で重要となる次の5つの事項を変更点として協調しました。それを具体的に見てみましょう。

製品安全

4.4.1.2項で新たに製品安全の要求事項が追加されました。製品安全は、顧客に危害、危険を与えないことを確実にする、製品の設計及び製造に関係する規範、と定義されていて、製品安全に関して組織としてのルールを制定することを要求しました。4.4.1.2項にはa)~m)項までの具体的な要求があり、これはOEMが警戒するリコールや製造物責任問題を予防するために明確にしたものです。OEMとしては、Tier1以下のサプライヤーが、組織が規格要求事項にそって制定した製品安全ルールを順守することによりリコールなどを予防することを意図しています。

製品安全のなかには、特殊特性(SC)に対する作業管理の強化も含めています。

企業責任

新たに5.1.1.1項で企業責任の要求事項が追加されました。この要求事項では、企業責任方針を定め実施することを求めています。それには、最低限、贈賄防止方針、従業員行動規範、倫理的上申方針(内部告発方針)を含めることを要求しており、組織としてのコンプライアンス意識を向上させ健全な企業として運営することを意識させるために設けられた規格になります。

ソフトウェア

新たに、8.3.2.3項で組込みソフトウェアをもつ製品の開発、そして8.4.2.3.1項で自動車製品に関係するソフトウェア又は組込みソフトウェアをもつ製品の要求事項が追加されました。これは、電子制御部品搭載の自動車が増えており、それに伴い、ソフトウェア、組込みソフトウェアの開発、品質保証のニーズが増大していることから定められた規格となります。

このソフトウェアの要求事項は、自動車製品に関係するソフトウェアの供給者、または組込みソフトウェアをもつ自動車製品の供給者にも適用されます。

供給者の管理

供給者の管理について、供給者の選定、第二者監査そして供給者の品質マネジメントシステム開発の規格要求が強化されました。

特に8.4.2.3項では、供給者はIATF16949認証取得することを最終目標として、ISO9001認証取得は必須としIATF16949規格要求を準拠し維持するための品質マネジメントシステム開発計画を提示することを求めています。

補償管理

補償管理システムとして10.2.5項で明確にしました。組織として補償管理プロセスを明確にし、顧客に補償要求された場合にそのプロセスを確実に運用することが求められます。

自動車には一定の保証期間が定められていて、OEMはその間は無償修理に応じています。OEMは、責任分担に応じてTier1に補償を要求し、Tier2以降は顧客が費用負担を要求する場合に補償対応が必要となることから、その対応方法を明確にしておく必要があります。

大きな変更点は以上5点ですが、その他に、例えば内部試験所、外部試験所が実施する検査、試験又は構成サービスについても要求事項が見直されており、試験所としてISO/IEC17025の適用基準が変更されているなど、変更ポイントが複数あるので注意が必要です。

まとめ

この記事では、ISO/TS16949からIATF16949へ移行された際の変更ポイント及びIATF16949が求める自動車産業品質マネジメントシステム規格特徴の概要を解説してきました。

IATF16949規格は、ISO9001規格を必須とし自動車産業規格としての品質マネジメントシステム規格がプラスされることになることから、ISO9001維持管理と比較して品質マネジメントシステム管理業務の工数や文書及び記録管理が大幅に増えることになります。そして、IATF16949規格要求で求められるパフォーマンス監視、評価、分析及びレビューが抜け漏れないようにしっかりと管理する仕組みを構築する必要があります。

OEMはIATF16949規格及びCSRにより、部品供給メーカーに対しそれだけ厳しい品質マネジメントシステムの維持改善を求めますが、自動車の安全性確保のためにこれら要求は重要なことなのです。

自動車は自動運転化がさらに加速していくことから、OEMは自動車1台1台に確実な安全安心を確保するために、搭載される各部品に対しさらに高い品質を要求してきます。IATF16949規格要求事項を品質マネジメントシステムに取り込み、それを維持管理し顧客としっかりと連携していけば、安全安心を担保できる部品を供給していけるようになります。 これから自動車部品に取り組んでいこうと考えている企業は、IATF16949認証取得を目指して品質マネジメントシステムを向上させる計画を立てて積極的に活動してみてください。

ISOナビでは月額4万円から取得・運用を完全サポートしております。

HACCPやISMS、Pマーク、ISO9001をはじめとする各種規格の新規の認証取得から更新・運用までサポートしております。

業界最安級の月額4万円からご利用いただけ、対応工数のゼロ化を実現します。

まずは無料相談からお気軽にお問い合わせください。

この記事を書いたライター
小一郎秀長

ISO9001(1994年度版)導入に続きISO14001(1996年度版)導入において、ISO事務局委員長として会社の認証取得に貢献。その後のISO改訂時には、後輩育成のためにISO事務局へのアドバイザーとしてサポート。
現在はISO9001/IATF16949の維持管理に従事中。
戦国時代をこよなく愛し、尊敬するのは豊臣秀長。連休は城址廻りでリフレッシュ。

小一郎秀長をフォローする
ISO全般
ISOナビ
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました